札幌競馬攻略のポイントとここまで2戦2勝のダート2400を完璧予想。

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今週はアルバイトの準備などで、バタバタしております。
なんとかビシッと当てないと、見放されちゃう。

さて今週から舞台は、新潟・小倉・札幌の3競馬場へ移しての開催。
小回り巧者が大躍進するシーズンですね。

3場の出走メンバーをざっと見渡してみましたが、新潟はいいなぁと思った馬の大半に戸崎騎手が騎乗。
ブッチギリで福島リーディングを獲得したわけですから、当然と言えば当然なんですが、これでは馬券的妙味はありません。無理に勝負する必要はありませんね。

そして小倉は長距離輸送が鍵となりますから、初日はまだ様子見でいいでしょう。狙いは、来週以降の小倉滞在馬です。

となると、馬券的狙いは札幌競馬場。(個人的に好きなだけですが)
ということで、今回は札幌競馬場攻略に必要不可欠なポイントと、得意のダート2400mを札幌でも完璧に仕留めたいと思います。

まずは攻略のポイントですが、札幌と言えば函館と同じ洋芝のみでの施行ということで、パワー勝負と思っている方も多いかと思いますが、実はそうではないんです。

起伏が激しくタフなコース形態となっている函館とは違い、札幌はコース全体がほぼ平坦となっていることから、むしろ瞬発力勝負となりやすいのです。現にクイーンSの勝ち馬を見てみると、母父サンデーサイレンス馬は、過去10年で4勝2着4回と好成績。

「札幌芝は母父サンデーを押さえるべし!」が、攻略のポイントとなるわけですね。ダートは特になし。是非とも、活用してみてくださいね。

では、お待ちかね?の札幌3R(ダ2400)の予想へと参りましょう。

ここは、ワンナイトインパリがもう順番といった感じですが、どう乗っても一押しが利かない弱み。単の魅力は別の馬にあります。それが、3枠3番のハイクアウト

前2走2、5着ですが、かなり厳しいペースを踏ん張ってのものだけに、負けて強しの内容。
あれだけ踏ん張れるということは、それだけスタミナがあるということであり、いかにもトランセンド産駒といった感じ。

この距離で大躍進があると見ました。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いちばんどり より:

    神ってますね!
    ありがとうございました。

    豪華なランチいただきます^^

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      いちばんどりさん。
      これでダート2400は、3戦3勝です^^
      もうずっとダート2400だけやってほしいです(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク