浦和ダート800mは簡単!?押さえるべきポイントは、この3つ!

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の浦和競馬は、12レース中7レースで1番枠が馬券に絡む活躍。2番枠も6レースで馬券内に来たわけですから、内が残る馬場という認識で間違いはありません。本日もこの傾向は続くと見て、徹底的に内枠から攻めていきたいと思います。

さて明日の勝負レースは、5Rに組まれたc3(ダ800)の一戦。

「ダート800なんて競馬じゃねぇよ」は先輩の口癖ですが、個人的には大好きな舞台設定。
確かに出遅れた時点でほぼ即死ですし、展開もヘッタクレもあったものではありません。大事なお金を賭けるにしては、割が合わないと思うのも、至極当然のことかもしれません。

でもね・・・。

浦和の800mって、実は結構カンタンに当たっちゃうんですよ。

必勝法が知りたい方は、コチラをクリック。
とかやったら、一儲けできるのかなぁ。あ、クリックしても何もありません。

浦和800mで押さえておかなければいけない点は、三つだけです。

  1. 持ち時計があるかどうか
  2. 内枠が圧倒的に有利
  3. 脚質は逃げ~先行型

まずは、スピードの目安となる持ち時計。当然速いに越したことはありませんが、相対的に速い程度でOKです。そして、800m未経験馬は敬遠。勝たれてしまったら、諦めましょう。

次に枠順。内枠だけ買ってればいいんだよっの1600mほどではないにしても、向正面からスタートし、すぐにコーナーへ差し掛かる800mも、基本的には内枠が有利な条件。外枠は出遅れてしまうと、ほぼ挽回は利きません。

そして最後が脚質。多少、ペースが速くても踏ん張れてしまう距離ですから、逃げ~先行馬が圧倒的に有利。差し馬は内枠に入ると包まれてしまう危険性がありますから、真ん中~外枠の方がいいでしょう。

まぁ、逃げ~先行馬が内枠に入れば最強ということですね。鬼に金棒、弁慶に薙刀。

上記の点を踏まえて、明日の5Rの予想へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月20日(木)浦和競馬5R予想 俺の◎○▲

◎②番ニシノアウリイ
○⑦番ホウショウバレン
▲①番デニール

本命は、②番ニシノアウリイ
前走は2秒7離れた殿負けですが、ここはC3への降級戦。C2でも再三の好走歴があり、前走惨敗で人気落ちとなるようなら、妙味は十分。800m(48秒9)と時計も持っていますし、幸運の内枠も引き当てました。この馬の全2勝を挙げる、天才・中野省吾騎手を鞍上に配してきたことからも、いかにも勝負駆けのムードが漂います。

圧倒的1番人気で買える鞍上ではありませんが、相手はホウショウバレン。前走、出して行く競馬が今回に繋がりそうなデニールが3番手。

人気の一角シミケンラブは、外枠が不安。隣のリックバナード、ダイエーカチドキも前に行きたいクチですから、外々を回らされるような気がします。3着ならありそうですが、今回は消します。

馬券は単勝②番。そして馬連②-①⑦へ2点。
今日のお昼は、豪華中華弁当を予約しておきます。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする