『勝利を得る意志がないのに、馬を出走させてはならない?』

おばんです。アルバイトから帰ってまいりました、某競馬専門紙の穴担当です。

今年も願い事は叶いませんでした。七夕賞。
少しヤケ気味にアルコールをひっかけていますが、七夕賞の回顧をツラツラと・・・。乱文駄文はご容赦下さいね。

私の本命は、前日記事でも自信満々に発表したタツゴウゲキ。

1600万下とは到底思えない人気(6番人気)を集めていた時点で暗雲は立ち込めていましたが、福島2戦2勝、ハンデ52キロなど、まぁ狙いどころが多かったことも確かですからね。これは仕方がありません。

フェイマスエンド、マイネルフロスト、ヴォージュなど先行するだろうなという馬はいましたが、戦前の予想ではマルターズアポジーの楽逃げ。むしろ、スローまであるだろう。そう思っていました。

となれば、スローで逃げ切った福島記念にハイペースで押し切った小倉大賞典など、緩急自在の逃げが打てるこの馬にとってはレースがしやすい訳で、あとは道中でどれほどプレッシャーをかけられずに運べるか。

むしろ焦点はコチラで、キタサンの『圧』に潰された大阪杯を見る限り、もしかしたらプレッシャーに相当弱いタイプなんじゃないか?そう思い、検証の意味も込めてマルターズアポジーを△2番手まで評価を下げたのです。

マイネル、ヴォージュあたりがマルターズを潰しに行った直後に、タツゴウゲキが進出開始。そんな絵図を描いていたのですが、いやはや・・・。

スタートはスズカデヴィアスが遅れましたが、元から後ろから行く馬ですからこれは関係なし。バーディーイーグルも挟まれるような形になりましたが、こちらもさほど影響はなかったようにと思います。

マルターズがハナと思ったところに、内からフェイマスエンドがやや強引な形で逃げ並走。
確かに逃げる競馬をしたこともありますが、本質的には先行馬。なんでここまで競る必要が?と思いつつ、ラップを見てみると、12.0-10.5-11.4で推移し、前半3ハロン通過が33秒9のハイペース。2ハロン目に「10秒台」が刻まれたのは、開催が移った2013年以降でも初めてのことです。

デビュー以来、ハナを譲ったことがないマルターズにとっては引くに引けない展開となり、フェイマスエンドを振り切ってからもやや暴走気味の逃げ。1000m通過が58秒0では、明らかにオーバーペース。さらに手応えがなくなった3角付近で、外からマイネルフロストにマクられ、ここでバッターアウト。

勝ち馬から2秒も離れた11着惨敗。競りかけたフェイマスエンドに至っては、そこからさらに離れること2秒の大差シンガリ負け。勝てるとは言いませんが、ここまで離される馬ではないでしょう。

レース後、某掲示板などを見ていると、あらゆる疑惑?疑念?が生まれていましたが、個人的にもこればかりは擁護できないかなぁと思っちゃいました。

シルクの3頭出しについては、確かに不自然な気もしていました。先週、セダブリランテスがラジオNIKKEI賞を快勝し、やはり福島では力の入れようが違うなとも思っていたのですが、さすがに『一口』で成り立っているわけですから、昨年の有馬記念のようなチームプレイはないだろう・・・えっ?ないよね?というのが、率直なところだったのではないでしょうか。

いや、今回がチームプレイなのかどうかはわかりません。あくまで推測に過ぎません。
ですが、まともな競馬ファンなら、そう捉えて仕方ないよねっていうレースだったことも確かです。

タイトルにも書いた、日本中央競馬会競馬施行規程の第81条に記されている「競争に勝利を得る意思がないのに馬を出走させてはならない」の理念はどこへやら・・・と言った感じですが、はっきりいって中央地方問わず、こんなことが守られていないことは明らかですしね。

新聞などのコメントを見ていても、「今回は叩き台」とか書いてることが多々ありますが、これもおかしな話なんですよ、本来は。

と、話が逸れてしまいましたが、武士沢騎手の「これも競馬」というコメントに、いかなる真意が込められているのか。うーん、考えたいですね。

そして本命に期待したタツゴウゲキも、違う意味でネット上を騒がせていますねw

通過順「3-5-5-11」という不可解な位置取りからの、0秒4差6着。正直、フェイマスエンドがあれだけ飛ばしていれば、バテて下がってくるという予測は成り立つと思うのですが、そのフェイマスエンドの真後ろにつけてしまっては、急ブレーキをかけざるを得なくなるのは、自明の理。

直線に入ってもこれまた手応えのないヴォージュの後ろに入ってしまい、外へ切り替えるロス。結局最後まで、何だかなぁという感じでした。

「普通に乗っていれば3着はあっただろ?」という意見もあるかと思いますが、よくよく考えてみると、あのまま先行していたとしてもハイペースに巻き込まれていた可能性もありますし、最後あれだけ伸びてきたのは、チグハグな競馬で逆に脚が溜まったから・・・という見方もできると思うんですよね。

だからどっちにしてもダメだったんだな・・・と、自分に言い聞かせて、今日は枕を濡らして寝ようかと思います。

今週は大井でジャパンダートダービー。頭を切り替えてまた頑張りましょう!

ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク