【兵庫ダービー2017】出走馬考察・最終追い切り

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

ダービーシリーズ2017も、残すところあと3レース。
今週はそのうちの2レース、まずは6月15日(木)園田競馬場で兵庫ダービーが。そして6月18日(日)には、高知競馬場で高知優駿が行われます。

当ブログ管理人が中央競馬よりも地方競馬が好きということもあり、ダービーシリーズ2017をより多くの人に楽しんでもらおうと、せっせせっせと更新してきましたが、これまでの本命馬はどうだったのでしょうか。

  • 九州ダービー・・・◎スーパーマックス(1番人気1着)
  • 北海優駿・・・◎ストーンリバー(2番人気5着)
  • 東海ダービー・・・◎フリーゴーイング(11番人気10着)
  • 東京ダービー・・・◎ヒガシウィルウィン(2番人気1着)
  • 岩手ダービー・・・◎ハドソンホーネット(3番人気2着)

5戦2勝2着1回。
まぁ・・・、人気馬がキッチリ来てくれたというだけで、予想のセンスという点については特に光るものは感じませんね・・・。

残りの3レースでビシッとカッコイイところを見せられるように、頑張ります。

では、兵庫ダービーの出走馬考察と最終追い切りをチェック。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第18回 兵庫ダービー出走馬考察

セカンドインパクト

前走は一息入れて馬体減だった2走前から持ち直したとはいえ、プラス1キロだけ。
なかなか体が戻らない上に、未だ未勝利馬という現実も。厳しいと言わざるを得ない。

6/9 園田・重 67.2-50.6-37.8-25.6 一杯

ナチュラリー

初勝利が重賞の兵庫若駒賞という意外性。
その後も園田ジュニアカップ3着、菊水賞4着と堅実に走り、前走の兵庫チャンピオンシップ6着は地方馬最先着。
キャリアの差が生きるようなら。

6/11 園田・良 64.2-49.8-37.8-25.9 強め

イオタイザン

兄マイタイザンはファスリエフ産駒でスピード型だが、こちらはトランセンド産駒でスタミナ型。
距離適性という点に置いては兄以上の期待感があり、馬なりで済ませた前走とは違い、ビシビシ追った直前の稽古からこの一戦に賭ける意気込みも感じる。あとはペースが流れるかどうかだけ。

6/12 園田・良 65.5-50.9-37.9-25.4 一杯

スリーピーアイ

門別デビュー→園田移籍後も堅実な走りで、ここまで掲示板を外したのは2回だけ。
まだコーナーワークのぎこちなさに加えて、日程が詰まっている点も不安材料だが、勢いは十分。

6/12 西脇・良 61.8-45.7-30.8 馬なり

キョウトブッサ

デビューからの3戦【2-1-0-0】も、その後は3着1回だけ。
パイロ産駒でそれほど成長力もなく、ここも望みは薄い。

ホープクリスエス

2着馬に1秒1もの大差をつけたデビュー戦直後は、2歳No.1とも言われた逸材。
前走は調整過程も踏まえると、如何にも「叩き台」と言ったところで、3着なら評価下げとはならない。
鞍上の木村健は、兵庫ダービー5勝で目下3連覇中。同厩マジックカーペットの無念は晴らせるか。

アグネスフォース

ここまで3勝を積み重ねて、着実に力をつけてきた1頭。
とはいえ、一線級との手合わせがない点はやはり不利で、ここはまず経験か。

6/12 園田・良 54.4-40.3-26.8 馬なり

ジンバイッタイ

中央在籍時は5戦0勝。6着1回が最高着順で、残りの4戦はすべて二桁着順という平凡な馬だったが、園田移籍後は【4-1-0-0】と破竹の快進撃。連勝が止まった前走も勝ち馬がマジックカーペットなら仕方なく、今回も対戦するブレイヴコールには大差をつけた。
重賞初制覇がダービーという偉業も十分だが、敢えて死角を挙げるとすればやはり距離。

6/11 園田・良 53.1-38.7-25.3 馬なり

スダチチャン

未だ1勝馬でこれまでの好走歴はすべて牝馬限定戦。
前々で運べる器用さは魅力だが、流れに恵まれてどこまで・・・といったところ。

6/9 園田・重 59.5-44.5-30.0 馬なり

オレハツライヨ

前走は2着とはいえ、上り39秒4はメンバー最速。
キャリアを積むごとに切れ味が出てきた印象で、如何にも乱戦で浮上するタイプ。
3連系の馬券には押さえておきたい1頭。

ブレイヴコール

当初は高知優駿へ出走予定だったが、マジックカーペット回避で急遽コチラへ。
主戦の吉村騎手が騎乗できなくなったものの、名手川原を確保なら何ら不安はないが、多少なりとも調整に狂いが生じたことも確か。
ここは菊水賞2着だけ走れば通用だが、父がスプリンターのカルストンライトオ。勝ち星が1400までしかない点からも、この馬もジンバイイッタイと同じく、距離に不安も残る。

6/11 園田・良 68.1-51.0-37.0-24.9 馬なり

エアラコメット

前々でしぶとさを生かすタイプだけに、前走の菊水賞10着は発馬後手がすべて。
園田1870の外はあまりいい材料とは言えないが、スタートが決まれば見せ場以上も。

6/12 園田・良 53.3-39.6-26.0 馬なり

水曜日の馬場傾向が気になるところですから、予想はまた水曜日に更新します。