【岩手ダービーダイヤモンドカップ2017】岩手ダービーと言えば、このコンビでしょ

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

ダービーシリーズ2017も、いよいよ折り返し地点。
6月11日(日)水沢競馬場では、シリーズ第5弾となる「第37回岩手ダービーダイヤモンドカップ」が行われます。

ちなみに、今年は盛岡競馬場ではなく、水沢競馬場での開催。
この点がどのような影響を及ぼすのか、も興味深いところですね。

レースの傾向としては、とにかく人気馬がキッチリ勝つということ。
過去10年の1番人気馬の成績を抽出してみると・・・

  • 07年 1着セイントセーリング(1.6倍)
  • 08年 3着リュウノツバサ(1.8倍)
  • 09年 1着マヨノエンゼル(1.7倍)
  • 10年 1着ロックハンドスター(1.0倍)
  • 11年 1着ベストマイヒーロー(1.0倍)
  • 12年 2着ロッソコルサ(1.3倍)
  • 13年 2着ハカタドンタク(1.3倍)
  • 14年 1着ライズライン(1.2倍)
  • 15年 1着ロールボヌール(1.0倍)
  • 16年 1着エンパイアペガサス(1.1倍)

【7-2-1-0】

こら、あかん・・・。完璧やないかい。
穴担当には太刀打ちできひんやつやんけ。

以上の点を踏まえて、では予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第37回 岩手ダービーダイヤモンドカップ予想 俺の◎○▲

◎⑩番ハドソンホーネット
○⑦番キングジャガー
▲⑨番サンエイリシャール
△①番ナンブホマレ
△③番ダンストンレガーメ

本命はハドソンホーネット
今回が移籍緒戦となりますが、これは岩手ダービー狙いの移籍ですし、レベルの高い南関東で7戦3勝なら、アッサリがあっても不思議ではありません。

先日の東海ダービーを勝ち、通算4勝目となった川西毅調教師ですが、この岩手ダービーでも驚異的な成績を残す調教師が存在します。

それが、千葉幸喜調教師です。

ここまで管理馬を4頭送り出し、その成績は【3-1-0-0】。
13年ヴイゼロワン、14年ライズライン、15年ロールボヌールで3連覇の偉業も達成。
管理馬が出走してくれば、絶対に買わないとダメってことですね。

そしてその3頭の馬主さんがすべて同じ(大久保和夫氏)と言う点も、興味深いですよね。
おそらくそれだけの信頼関係があるのかなと思いますが、このコンビのダービーでの強さはとにかく異常的。

難しいことは考えず、岩手ダービーはこのコンビでしょってことですね。

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする