【北海道スプリント2017】GOGO!CHANCE??

おばんです。某競馬専門紙の穴担当です。

明日6月8日(木)の門別メインは、第21回北海道スプリントC(Jpn3)

過去20回の勝ち馬を見てみると、地方勢の優勝は1998年のカガヤキローマン(大井)、2000年のオースミダイナー(北海道)のわずか2頭だけ。

今年もアウヤンテプイが大将格では、中央勢優勢の見立てで問題なしです。

あとはどの組み合わせで買うかだけ。

③番ニシケンモノノフは、500キロを超す大型馬で鉄砲成績【1-0-0-1-2】が不安材料。

⑦番ゴーイングパワーは近走ひと息の8歳馬、⑨番スノードラゴンは59キロの酷量。

⑭番ショコラブランは・・・おっと、マイナスがないやんけ。

では、実績と信頼の俺予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第21回 北海道スプリントC予想 俺の◎○▲

◎⑦番ゴーイングパワー
○⑭番ショコラブラン
▲⑨番スノードラゴン
△③番ニシケンモノノフ

本命はゴーイングパワー
2歳時に兵庫ジュニアグランプリを制覇も、その後は天保山S(OP)が主な勝ち鞍。
正直、早漏・・・ではなく、早熟感が無きにしも非ずですが、6走前のカペラSでは0.5秒差4着。
このメンバーなら何とかなっても・・・という期待感もあります。

そして狙う理由がもうひとつ。
カペラS以降、大きく崩れたのは大和S、千葉S、栗東Sの3レースですが、これらにはある共通点があります。
それは「ハンデ戦」だったということ。

ハンデ戦を滅法得意とするハンデキャップホースは存在しますが、この馬は他馬が軽くなるハンデ戦がとにかく苦手。自身の斤量が重くなろうが、他馬も重くないと走らないという特異なタイプなのです。

1400→1200も好材料。ここは3着内は堅いと見ました。

そして仮に北海道スプリントCが、外れたとしても安心してください。

大井12Rの⑦番ゴーノムラダイオーがやってくれますからね。