【東京ダービー2017】逆転?悲願?注目盛り沢山の東京ダービーと調教動画

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

ダービーシリーズの中でも最も注目を集めるのが、6月7日(水)大井競馬場で行われる第63回東京ダービー。

キャプテンキングとヒガシウィルウィンの激しいデッドヒートが記憶に新しい、1冠目羽田盃。
3着馬が5馬身も離されたことを思えば、現時点でこの2頭の力が突出している感じもありますが、ではこの2頭で決まるかと言えば、そんな簡単でもないのが競馬の面白さ。

今年のダービーは散々な結果に終わっているだけに、なんとか東京ダービーだけは、取りてぇす。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第63回 東京ダービー予想 俺の◎○▲

◎⑬番ヒガシウィルウィン
○⑭番ミサイルマン
▲⑥ブラウンレガート
△⑨番クラキングス
△⑩番キャンドルグラス
△⑪番キャプテンキング
△①番クラトリガー

置きに行ったと思われても仕方ありませんが、本命はヒガシウィルウィン

前走の羽田盃「0秒1差」を着差以上の力差と見るべきか、それともキャプテンキングの意表をついた逃げが嵌っただけと見るべきか。
ここが大きなポイントとなりそうですが、個人的には後者かなという感触。

鞍上の森泰斗騎手も、2年連続で全国リーディングに輝いた名手なわけですからね。
前回のような楽な競馬はさせないはず。

毎年東京ダービーになると、的場文男騎手の悲願達成なるかどうかがクローズアップされますが、押しも押されぬ南関東の顔となった森泰斗騎手も、まだダービーのタイトルには届いていません。

「逆転での悲願達成」

に期待しましょう。

この大一番に向けて、鬼気迫る調整を施してきたミサイルマンに相手妙味。
北海優駿のベンテンコゾウ、そしてヒガシウィルウィンとサウスヴィグラス産駒に風が吹いていると見れば、キャンドルグラスも軽視禁物でしょう。

調教動画

1枠2番アンジュジョリー

4枠7番ンカンムル

スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする