【東海ダービー2017】ドリームズラインの意外な弱点!?

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今週は火曜日に名古屋競馬場で「東海ダービー」、そして翌水曜日には大井競馬場で「東京ダービー」と、非常にアツイ一週間となっています。こりゃ、仕事どころではありませんね。

まずは明日の東海ダービーからで資金稼ぎを。

例年なら北陸地区勢の出走がありますが、今年から石川ダービー新設に伴い、東海地区限定の一戦に。

昨年の勝ち馬カツゲキキトキトは、交流重賞でも好走と今や全国区レベルの強豪へと成長しました。
今年の勝ち馬にも注目が集まりそうですね。

人気の中心は、第1冠「駿蹄賞」を制したドリームズライン。
中央2戦0勝で現厩舎へ移籍すると破竹の快進撃で、ここまで駿蹄賞制覇を含む【4-3-0-0】。

出足一息で道中スムーズさを欠く場面もあった前走ですが、終わってみれば完勝。
さらに距離が延びる点も有利に映りますし、生涯連対率50%超を維持し続ける川西毅厩舎所属馬。
これは2冠は濃厚と言わざるを得ませんね。

しかし、どうしても穴馬券が取りたい私は精査に精査を重ねた結果、ある点に気づきました。
そう、ドリームズラインの弱点を・・・。

では、東海ダービーの予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第47回 東海ダービー予想 俺の◎○▲

◎①番フリーゴーイング
〇④番ドリームズライン
▲⑩番サザンオールスター
△⑪番クインザドリーム
△⑨番アベリラルビー
△⑤サンタンパ

本命はフリーゴーイング
ここは逃げ馬が不在。
この枠なら、4走前のような逃げる競馬もアリなのではないかと。

鞍上の加藤聡一騎手も買い材料のひとつでしょう。
今年デビュー2年目の新進気鋭。デビュー年となった昨年は初騎乗初勝利を飾ると、その勢いのまま56勝を挙げる大活躍を見せ、日本プロスポーツ大賞新人賞、NARグランプリ優秀新人騎手賞を受賞しました。

若手らしい積極的な競馬が出来れば、場内が静まり返るようなシーンも十分です。

そして、ここはフリオーソ産駒が3頭(フリーゴーイング・サザンオールスター・クインザドリーム)出走していますが、その3頭には共通点があります。

それは、「ドリームズラインに土をつけたことがある」ということ。

移籍後【4-3-0-0】と先述しましたが、2着3回時の勝ち馬がこのフリオーソ産駒3頭なのです。

フリオーソ産駒には手を抜きがちというのが、ドリームズラインの弱点。

ここまで引っ張るだけ引っ張って、大したことない情報で申し訳ないです(笑)

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする