【日本ダービー2017】ダービー予想・その他おススメ馬・知っていると得する?馬券術も公開

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

明日は日本ダービー目黒記念
そして佐賀競馬場でも大一番「九州ダービー栄城賞」と、とにかく豪華な一日。

たくさんの方に競馬を楽しんでもらえれば、競馬メディアの一員としてこれ以上の喜びはありません。

そしてそのお祭りに参加すべく、今日は資金作りに奔走していたのですが、思わず泣いちゃった話をひとつ聞いてください。

本日、とある競馬場の単勝2番人気馬(6.0倍)が堅いと思い、単勝をズドンと購入(発売締め切り1分前)→見てて安心の大楽勝→ワクワクの払戻し金待ち→単勝170円。

「?」

「??」

「170円?」

「ギリギリまで6倍つくことを確認したんだよ?」

「オッズが下がるほどの金額は入れてないんだよ?」

結局、倍にすらならず、ぬか喜びとはまさにこのこと。

オッズで馬券を買う訳ではありませんが、1分前まで粘って粘ってのこの仕打ち。
この怒りとも悲しみともわからない感情をどこにぶつければいいのでしょうか。
とりあえず、一発ヌイてから帰るという結論で落ち着きましたが、焦燥感は拭えません。

さてダービーの予想、そしておススメ馬の予想などもありますが、最後の「知っていると得する馬券術」というフレーズにビビッと来た方も大勢?いらっしゃると思いますので、まずはコチラから。

皆さんは馬券検討の際、「輸送」についてどこまで考えるでしょうか。

競走馬の中には輸送が苦手な馬も多く、普段の力を出し切れずに終わるパターンもしばしば見受けられます。

今週から東京、京都の2場開催。
ダービー、目黒記念と2重賞が行われるうえに、ダービー当日に持ち馬を出走させたい関係者も多いのでしょうか。

今週はとにかく東京へ遠征してくる関西馬が多く、土日で計90頭の大挙出走となりました。

そしてその結果、浮上したのが「美浦経由」「美浦回り」というケース。

「美浦経由?美浦回り?」

あまり聞き慣れない言葉かと思いますが、東京へ遠征してくる関西馬は、まず競馬場の出張馬房へと入ります。

出張馬房は上の条件(クラス)から割り当てられていきますので、ダービーや重賞、特別戦に出走する馬たちは、大体「東京競馬場入厩」となりますが、馬房が足りなくなったその下の条件戦の馬たちは、一旦美浦へ入厩しなくてはいけません。

輸送疲れを軽減する処置として「栗東→東京競馬場入厩」となるところが、「栗東→美浦→東京競馬場」と、いったん競馬場を通り越して美浦に行くわけですから、余計に疲れてしまうケースが大半。

ですので、「美浦経由」「美浦回り」をひと言で表すと、無意味ということですね。

土曜日に出走した関西馬のうち、美浦経由となったのは6Rのアンセム(1番人気5着)、アドマイヤアゼリ(4番人気3着)、8Rウインクレド(6人気3着)、12Rヒドゥンブレイド(7人気9着)、メイショウキトラ(15人気10着)の計5頭。

1番人気アンセムの凡走こそあれど、今日の結果だけでは、どれほど影響したか判断がつきにくいところですが、少なくともプラスはないということだけは確かです。

明日も美浦経由がゴロゴロといますから、パドック気配も加味してブッタ切るのも一つの手ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明日の美浦経由馬

4R ヨドノビクトリー アンデスクイーン アシャカリアン ランバージャック ダノンロッソ
5R レッドアトゥ チカノワール ラパビエス マルヨシャバーリー
6R ミルトドリーム トミケンカリム

ではここからダービーの予想へ。

第84回 日本ダービー予想 俺の◎○▲

◎①番ダンビュライト
○④番スワーヴリチャード
▲⑥番サトノアーサー
△⑦番アルアイン
△⑤番クリンチャー
△⑫番レイデオロ
△⑱番アドミラブル

本命は①番ダンビュライト
12番人気3着と好走した皐月賞で推奨してこそプロなのですが、お恥ずかしいことに当時はまったくのノーマーク。
しかしタフな流れを、外から捻じ伏せたレース振りはとても12番人気の馬のものではなく、ファンディーナ凡走の起因を作ったのは間違いなくこの馬でしょう。

ダービー5勝の鞍上に、過去20年で4勝2着2回の1番枠。
「鬼に金棒」という言葉が、これほど当て嵌まるケースはそうそうありません。
前人未到のダービー6勝目へ。機は熟しました。

その他おススメ馬

東京2R ⑧番ワッハッハ
東京4R ⑮番サンマルライバル
東京5R ③番ブライトンロック
京都12R ⑨番タイマツリ

ランキング参加中
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(4つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする